スゴイと思う

  • 2009/08/30(日) 20:30:56

20090830203056
イモトはスゴイと思う。
でもチャリティー番組なのに出演者にギャラ払ってんねんな、日本テレビは。オレには理解不能や。
演出されたノンフィクションみたいな番組ほど見てると裏に隠れている背後関係を推量してしまうんで、しんどいことこの上ない。
寄付金集めの番組って『涙』を利用しよう感アリアリでイラッとするのはオレだけか?
毎年『サライ』と『負けないで』でシメやがって。

携帯でこれ以上の文字入力はオレ的に無理なのでここで記事終了っす。

さぁ政権交代っと♪

ちょうちん

  • 2009/08/28(金) 19:09:18

この前の野池プカプカでのひとコマ。


別にやりたくて「ちょうちん釣り」をしているわけではない。
スキッピングが出来ない人間は自動的にこうなってしまうのだ。

ゴアゴンゴン

  • 2009/08/24(月) 22:22:24

オレの髪はクセ毛なので、スーパーハードのジェル系の整髪料をよく使う。

今晩、オレの髪の毛を触ったリコプーが一言。

「パパの髪の毛ゴワゴワやな。ジェロ使ってるんやろ?」



・・・オレは黒人演歌歌手を毎朝頭に塗りたくるほど、まだ壊れてはいない。

勇気を出して続きを読む

日曜日よりの使者

  • 2009/08/23(日) 22:28:59

昨日はオレだけ遊ばせてもらったので、今日はチビたちの遊び相手ッス♪

勇気を出して続きを読む

チョーコーキ(20090822)

  • 2009/08/23(日) 19:48:31

「不毛と化した大地に生まれた新しい生態系の世界を腐海と呼ぶ。」
「そういう所を不快やと感じるねん。」
「おっフカいないのこの海に?」
「今日の味噌汁の具はお麩かい?」


というわけで(?)、釣り&ブログ友達の道楽者さんの呼びかけで開催された、
「いつもネット上の付き合いなので実際に会って一緒に釣りしよう」大会
が8月22日(土)にあったんよ。

・・・あ、そういうのをオフ会っていうのか。

参加者は『道楽者さん』 『にーおーサン』とオレの3人。
他にも参加したいけれど所用で来られない方もおられたみたいッス。

野池は楽しみやねぇ。
なんせ以前に道楽者さんと一緒に浮かんでから一度も浮いたことないし。

3時半に道楽者さんの家に集合して、車で連れてってもらったのだ。
う〜ん、楽チン♪
着いた場所は滋賀県の某所にある野池。
野池の手前にあるコンビニでにーおーサンと待ち合わせ。
はじめましてッス。
めっちゃ気さくな感じの人・・・・・だが、会ったその瞬間に
「ピキーン。わかる、わかるよ。この人『変態』度がかなり高い。」
とニュータイプのように感じる。

*******************************************************************************
説明するまでもないが説明しよう。
我々のいう『変態』とは、
真夏の昼間にフローターで野池をプカプカしたり、
深夜に琵琶湖でウェーディングするためなら、
どんな犠牲を払っても良いという常識からかけ離れた考えの人間を指し、
一般人が理解するにはかなり難しいと言える。
しかし、一度この世界に足を踏み入れてしまうと抜け出すのが非常に困難で、
『変態』の度合いが高くなればなるほど廃人に近づくと言われている。
*******************************************************************************


そんなこんなで野池に到着。
ここの野池にはこんな看板が。


な、なんて素敵なことが書いてあるの!?
この池でマナーを守れへんヤツは目噛んで氏ねっ!

道楽者さんはBee、にーおーサンはゼファーのフローターですでにエントリーしてる。






「ヤ、ヤバイ、ヤバイよオレ。遅れをとってるよオレ。」
はやる心を抑えながらエントリーだぁ。

スピナーベイトを投げてたら数投でヒーット!


25センチくらい。でもチッコイがバスはバス。
100均で買ったカウンターのボタンをひとつ押す。

その後もポロポロと良く釣れる・・・がサイズはまったく伸びない。
カウンターのボタンを押しながら、
このカウンターを『ロリバスカウンター』と命名。いや〜ん。
同じサイズのバスが釣れるたびに、
「ロリバスカウンターをポチっとな♪」

とオレの心はどんどんボヤッキー化していく。
また同じようなアタリがあったんで、
「ほれ、ボヤッキーフッキング。」
と軽めに力なくアワせたら、
『グ、グーン!』
と予想以上の引き。
小バスと戯れるためにユルユル設定やったドラグを瞬時に調整して、ファイト一発や。
危うく100%ボヤッキー化するところやったオレを楽しませてくれたのは、


ジャスト40センチ。
なんやおるんや、アンタみたいなんを待っとたんやぁ♪

しかしこの後はこの池のレギュラーサイズのロリーがボコボコと釣れる。


写真のワームは4インチのミートヘッド。
ということはバスのサイズは15センチほど。
でも元気やねん、この池のバスは。
こんなサイズでもグイグイ引きよる。

とうとうボヤッキー化を超えて、ロリバスハンターJと化したオレは、
ロリバスカウンターをポチポチ押しまくる。
浮き始めてから3時間ほど経った9時頃、
何かささくれ立っていた心をロリバス達に癒してもらっていたその時、
『グググ、グーン!』
とかなりパンチのあるアタリがっ!
ロッドを持ってかれそうになるのをこらえながら格闘して、ようやくランディングできたのは、


45センチのナイスバスちゃん♪



クールなスマイルをつくろうとして見事に失敗した四十代の男、ジミーっす。
(道楽者さんに撮ってもろた♪)

そんなこんなで午前の部がしゅーりょーッス。
この時点でロリバスカウンターは、


合計25匹。
このうち23匹は20センチ前後。



「今から昼メシ食うのカマ?」

昼飯をここらへんでは唯一のファミレスで食べて、
ゲラゲラ笑いながらおしゃべりタイム♪
このときの会話で、にーおーサンの変態度が明らかになってくる。
なんと明日は琵琶湖でボートの釣りだとか。
いやぁ、変態だねぇ。

昼からは別の野池。
ここは広いッス。


この池では攻め方がイマイチ解からず、釣果がもうひとつ。


30センチのお魚ちゃん。

4時頃にシッコ休憩で上陸したらそのままプカプカ終了。
オレだけお先に納竿っす。
この池では3匹だけ。
午前の部で数釣りを堪能したので、かなりお腹が一杯や♪


6時頃に全員が納竿。
最後まで浮かんでいたのは道楽者さん。
シェード打ちの心意気を見せてもらったよ。
そんな道楽者さんの姿を見て詩がオレの頭に浮かんだ。
という訳で、道楽者さんにこの詩を捧ぐ。

**************************************************************
光あるところに影がある。
まこと栄光の影に数知れぬバサーの姿があった。
命をかけて歴史をつくった影の男たち。
だが人よ、名を問うなかれ。
闇にうまれ、闇に消える。
それがバサーのさだめなのだ。
道楽者、バスを釣る!
**************************************************************

・・・まんまパクリやん。

道楽者さんもにーおーサンもこの池で数釣りをした模様。
う〜ん、久しぶりに数釣りしたって感じや♪
いや〜ん、野池にハマりそう。

帰る道中、高速道路の分岐点で後続を走っていたにーおーサンが明らかに違う方向へ走っていった。
電話で連絡して次のインターで降りるように指示。
その数分後携帯にメールがきた。
「車の中に蜂がいて分岐の所ではらってました(泣)」(原文まま)
ある意味『変態』や(笑)

みなさんオツカレサマでした。
ホンマ楽しかったっす。
また一緒に浮きましょね〜♪