ザッキ

  • 2009/02/27(金) 23:52:13

ヤセたいなら腰を振りましょ♪
by杉本女史


ハードな運動で一気に体を絞るのは1年前に流行ったビリーさんのキャンプと一緒。
一時的にダイエットに成功してもリバウンドのほうが恐いぜ。

こんばんは、
杉本姉さんと同い年の男、ジミーっす。 
あんな高速で腰振ったらきっと骨と骨のつながってる何かがどうかなるはずッス。


今日は有休とってイロイロ用事をこなしとった。 
このクソ忙しい時期に有休とるのは、かなり勇気が必要なのだ。
だから有意義に時間を使わねば。

夕方近くになって、『内田クレペリン検査』っていう試験を受けた。理由は書けないけど。
なんすか?あの試験。あんなん初めて受けた。
しかも事前に実施するとは知らされてなかったので、苦痛以外の何者でもない。
無心で15分間×2セットの足し算を続けさせられると、なんとも言えないような孤独感が味わえるよ。 

夜は久しぶりに外食だ。
といってもローリングしてるスシやけど。

その後、ジャスコにも行ってみた。
金曜やけどやっぱり平日の晩は人少なし。

さて明日は何しよう。
時間があればMTBのメンテしたいねんけどな。
部品を買いにチビたち連れて自転車屋さんにでも行ってみよかな。

お酒に弱い方、今日明日は我が家に来ないで下さい。

  • 2009/02/25(水) 23:42:28

今夜帰宅途中に、
「あ、そういや焼酎きれてたな。」
と思い出し、途中のコンビニで焼酎を購入。
今日は給料日だったから、ちょっと洒落たビンに入った美味しそうなイモ焼酎。

「今夜はこれで美味しく晩ご飯♪」
そんなこと思ったら、
ストライク号のアクセルを踏む量も大きくなるっちゅー話やで。

で、夜の10時前には家に到着。
カバンとかカサと一緒に焼酎の入ったビニール袋をガサゴソ持って、
ドアを開けて玄関に入って、荷物を置こうと思って。

あっ手が、手が・・・・イカンッ!

なぜか焼酎の入ったビニール袋だけ落下!あぁ。


・・・その後、
スーツ姿のまま焼酎の海と化した玄関を必死で掃除するオッサンが一人。
掃除している15分間の間、そのオッサンはため息を85回。
頑張って掃除してみたけど、玄関は焼酎の残り香でイッパイ。

こんばんは、
「焼酎は紙パックに限る!」と強く強く心に誓った男、ジミーっす。



思い出しただけで怒りと悲しみでなんだか視界がぼやけてくるけど、
その怒りを抱いて記事を書いてみる。

最近オレのまわりをウロチョロする目障りなヤツがおる。
コイツはホンマに鬱陶しい。
温厚な性格であるはずのオレもコイツにだけは殺意が湧く。
「そんなに嫌なら無視しとけばええやん」と思われるかもしれないが,
たとえオレが無視してもむこうからやってきよる。
そしてオレにチョッカイをだしよる。
オレは涙が出るくらいツラいのに,我慢せなアカンのか?
ヤツがこの世からいなくなってくれればいいのにと思うが,
ヤツにも生きていく権利というものがある・・・はず。
仕方がないのでオレもいろいろと気分がマシになるようにそれなりの対策を打ってはいるけど,
ヤツの鬱陶しさはゴキブリ並みや。
ほとんどお手上げ状態。
あぁ,早くどっか行ってくれよ、

勇気を出して続きを読む

こはん、とても、おいしいあるよ。

  • 2009/02/23(月) 23:49:18

今晩帰宅したらテーブルの上に晩ご飯とリコプーからお手紙が。




うん、わかったよ。
パパ、美味しく頂くよ。
にくぢゃが おもれつ こはん を。

リコプー、手紙ありがとう。 パパはとっても嬉しいぞ。
最近、学校で英語も習ってるそうぢゃないか。
でもな、自分の国の言葉があってこその外国語だからな。
やっぱり日本語はしっかり勉強しような。

ということは「オムライス」は「おもらいす」か?

今年の特典ルアーは・・・微妙?

  • 2009/02/22(日) 23:46:38

今年もラッキークラフトからルアーが送られてきた。

勇気を出して続きを読む

勇者ほたーマンの冒険(大ザルの山編)

  • 2009/02/22(日) 19:34:13

平成21年2月22日(日)

勇者ほたーマンとユカイな仲間たちが、
京都の西にある山に棲む大ザルのところへ出発した!

電車移動だ。


勇者ほたーマンは仲間を守るため、周囲の索敵に余念がない。
さすが歴戦の勇者だ。



戦いに備えて非常食を摂取する。


勇者ほたーマンは仲間を守るため、しんがりの位置で敵からの攻撃に備える。
さすが歴戦の勇者だ。



最後の川を渡る。この川を渡るともう後戻りはできない。


勇者ほたーマンは仲間を守るため、先行して橋を渡って安全を確認している。
さすが歴戦の勇者だ。



とうとう山のふもとに着いた。


そこには外部の人間が山に入らないように威嚇の看板が設置されていた。
しかし勇者ほたーマンはそんな脅しに全くビビることなく突き進んでいく。
さすが歴戦の勇者だ。



山を登っていくと所々にトラップが仕掛けられており、
これをクリアーしないと大ザルの棲む頂上にはたどり着けないのだ。


勇者ほたーマンには読めない言葉が書いてあったので、
ユカイな仲間たちに読んでもらった。
さすが歴戦の勇者だ。



数々のトラップをくぐり抜け、ようやく頂上に到着。


「景色は美しいが眺めている時間はない」と気を引き締めるほたーマン。
さすが歴戦の勇者だ。



そして大ザルとの戦い!


しかしほたーマンはむやみに戦わない。
話合いで解決できるならそれにこしたことはないからだ。
山の頂上でなぜか売られていた殻つきピーナッツをちらつかせながら、
言葉巧みに大ザルを説得していく。
さすが歴戦の勇者だ。



そしてこの山に平和が訪れた。


戦いが終わってもまだ緊張感をほどこうとはしない。
さすが歴戦の勇者だ。



そしてほたーマンとユカイな仲間たちは静かに山をおりてゆく。



Mission Complete!





<オマケ>

勇気を出して続きを読む