チョーコーキ(20110415)

  • 2011/04/15(金) 15:26:23

今シーズン初のプカプカ。
結果から先に書いちゃうと・・・ダメダメ釣果。
でも記事アップしとこ(泣)



AM5:00にエントリー。
場所は南湖。
風がほとんどなく波もなし。
こういうときはヤな感じなんよね。

予感は的中。
エントリーしてフィンキックした瞬間から奴らはやってきた。

大量の琵琶湖虫!

もう最悪。
メガネにまでビッシリくっつきよるし,オレの視界は琵琶湖虫一色。
パニックに陥りながらもなんとか釣りを続行したけど・・・。


こんなにキレイな景色の画像の中に,
見えないけれど数億匹の琵琶湖虫が写ってると思うと,
考えただけでチキン肌。

釣りに集中できるわけもなく。
アタリも逃しまくり。

やっとカケたと思ったら,ジャンプ一発でハイ,バイちゃ。
(逃がした魚はデカイというが,推定で50upは確実)

最低っす。

琵琶湖虫を10匹ほど口の中に入った瞬間,頭の中で「もう帰ろうぜ」コールが。

そのときですよ,神風やろね,きっと。
ピューって南風が吹いたんすよ。
琵琶湖虫も風には弱い。
オレの視界が完全クリア!

波もササーっと立ったそのとき,明確なアタリが。

なかなかのファイトであがってきてくれたのが,

ウン,ええサイズやん♪
(でもなんでエラから出血してたんやろ??)


45センチでした。

コリャいけるんじゃねーの?
と思った瞬間,風がピタ。
琵琶湖虫再び襲来。

気分のエエとこで帰ろ♪
で,午前中には帰宅したとさ。
ま,オレの腕なら,最初の釣行がボーズでないだけマシっす。

でも,琵琶湖虫の対策マヂで考えんと,
チッコイ虫が苦手なオレはホンマ釣りにならん。
つーか,やっぱ南湖はあんまし好きくない。
早く湖西のちょい北の浜で浮きたいの。

釣り人にできることって。

  • 2011/03/29(火) 22:41:50

いつもチェックさせてもらってるブログで,
京都市の山科で釣具屋「バスフィールド」を営んでおられる,
てんちょサンがこのたびの震災でいろいろ活動をなさっており,
(活動内容についてはブログ山椒参照してくんなまし)
そのブログにこういうことが書かれてあった。

「釣り人として出来ること!」

オレ,一も二もなく諸手を上げて賛成っす!
ちゅーわけで,今夜ウェーダーと長靴をひとつずつ抱えて,
早速,山科にある『バスフィールド』に持って行った。

初めての訪問なんで,ナビ頼りで行って,チョイ迷い&渋滞。
チビたちの新体操のお迎えがあるので8時半には帰らねばならぬ身。
初めて会ったてんちょさんとお話したかったんやけど,
時間がないのでウェーダーと長靴を渡すだけで終わっちゃった。

ウェーダーを個人所有する人間なんて,釣りする人くらいなんで,
余ってるもしくは予備のウェーダーがある釣り人で,
被災地で泥まみれになって作業している方の役になれば,と思う方は,
一考をお願いします。

家の物置で眠ってたウェーダーや長靴も,眠り続けてキレイな身でいるより,
ボロボロになるまで使われたほうがいいと思ってるに違いないよ,きっと。

チョーコーキ(20110103)(「琵琶湖詣で」とも言う)

  • 2011/01/03(月) 17:14:04

ぶぅぉおおお〜ず!

ええ,ええ,そんなことまったく気にしな〜いのだ。
毎年恒例の1月3日の浜大津。
弟と一緒に浜大津。
年に一度の浜大津。
年初めの「琵琶湖詣で」。
釣る(釣れる)気まったくナシ。



しかしもしかしたら寒さでフラフラになってるバスがスレでかかっちゃうことも,
あるかもしれないしないかもしれないし,
投げてみないことには始まらない。
ちゅーことでバイブレーションを投げたおすけど,引っかかるのはウィードだけ。
写真のLV-300も根がかりでロスト。トホホのホや,ホンマ。



なぜだかワカンナイけど,カメラ向けられたら脊髄反射的にピース。


ヘッポコキャストなので,周りの鉄板系を投げる方たちの飛距離には到底及ばない。

周囲を見渡しても釣れている人,皆無。
エビメタル的なものをぶい〜んと投げて,ぐいんとシャクってはるわ。

9時半から11時までやって,集中力も途切れたのでここでノーカン。
ピピーッ!ハイ,しゅーりょー!!

さて,毎年のようにラーメンでも食って帰るかぁ。
でもその前に冷えた体を温めてくれるトコに寄ったのだ。
琵琶湖のほとりのお風呂やさん♪

・・・誤解しちゃだめだよ。
お姉さんが出てきて,
あんなことやこんなことや,えっそんなことまでっ!?
とかいうようなサービスの提供を受けるようなとこぢゃないよ。

漢は黙って銭湯
しかもスーパー銭湯
小遣制のオレさまの財布に優しい,やまとの湯だ。

昨年の夏の,愛知コラボ釣行の帰りに道楽者さんと行った「釣行後の銭湯」の気持ち良さに,
心を奪われてしまったのさ。
この「釣行後の銭湯」って,ちょっとした贅沢だよなぁ。

風呂にノンビリ入ってる間にUターンラッシュの影響を受けてしまい,
バイパスで渋滞地獄に突入。あ〜あ。
でも鳥取の方たちに比べたら屁でもない。ゆっくり帰ればいいのさ♪

お酒飲んだ後のシメはラーメン。
寒い冬の釣行のシメもラーメン。
これ常識!
熱いラーメンは冷え切ったボーズバサーの体と心を癒してくれる。
兄ちゃん,麺固ネギ多目でヨロシコッ!

 
ここのラーメン,スープが甘目。
だからラーメンタレを投入して醤油風味をアップさせて食うのがオレの食い方。
あんまし行かない店だけど,正月にやってる店って少ないのよねん。

さ,今年も「琵琶湖詣で」に行けたし,あとは春を待つだけやね♪
は〜るよこい!

チョーコーキ(20101011【夢】)

  • 2010/10/11(月) 13:05:38

どうやら今日オレはRF-72Vに乗って琵琶湖の湖西で釣りをしていたらしい。
多分めっちゃリアルな夢を見てたんやと思う。
しかも偶然にもさぶろべぇさんも同じ夢を見てはったらしい。
そういや一緒にプカプカしてたわ。
いわゆる夢の共有ってやつか?

覚えてる範囲で夢の内容を書いとこ。

朝の5:30,湖西某浜でエントリー。
一投目のちょっと大き目のミノーでイキナリ釣れた。25センチ。


その10分後,またまたミノーで釣れた。25センチ。


9時過ぎに上陸。タックルを片付けつつ,さぶろべぇさんとおしゃべり。

以上,チョーコーキ【夢】終わり。
リアルな夢やったわ。
あ〜あ,夢やったらロクマル爆釣とかでもええのにな。

そういや釣り始めたとき小雨が降ってたな。

帰る頃にはお日さんが照ってメチャ暑くて汗かいた。コレは寝汗か?



勇気を出して続きを読む

この機種は名機だと思います。

  • 2010/10/10(日) 11:28:43

今日は子供らがじじぃとばばぁ・・・いや違った,じいじとばあばに連れられて,
水族館へ行っちゃったので子供の相手の必要もなく,
昨日の続き,RF-72Vの改造を♪

ダイ●ーで調達した部品と家にあるものをあーだこーだと苦戦しながら
組み合わせること約2時間。


でけたっ! 


マクロスでいうところの「アーマードバルキリー」みたいに見えるが,どうだ?違うか??
ゴテゴテ感が前面に出ているのは否めないが仕上がりには結構満足。



左サイドには3セット分のロッドホルダー。
後部には収容能力を上げるため,家にあったヒップバッグをくっつけた。



右フロントにはプラグ用のケースと小物入れ的なバッグ。



乗るとこんな感じ。 
重量的にバランスが偏ってるみたいなので,持ち物の格納には気をつけねば。



たたんでバッグにしまうとこんなにコンパクト♪
もちろんバッグの中にはフィンとポンプも入ってるよ。 
バッグはリュックにもなるので,ズンズン歩いていけるぜ!
野池の攻略にも威力を発揮しそうや。あんまし行かないけど。


あ〜,試乗したくなってきた!
明日コイツで浮こうかな。琵琶湖リベンジもしたいしな。