オレは仕事中だというのに・・・。

  • 2007/12/10(月) 23:16:27

今日,仕事してたらH君がオレの携帯に写真を送ってきた。 





なんじゃ,そりゃ〜!



なんだか無性に腹が立ったので,目隠しを思わずバスにつけてしもた。

それでも気がおさまらないので,

H君のかわいい彼女を晒すことに決定!








それではH君の彼女の○○○ちゃん

どうぞ〜!

勇気を出して続きを読む

親子で飲む酒

  • 2007/11/16(金) 23:17:03

土曜の夜に予定してた飲み会が中止になったので,
かわりにリコプーと夜更かしして酒飲も〜っと。
(リコプーはCCレモン)

こんばんは,
あと14年経ったら自分の子供と酒が飲めるのかぁ,と妙な気持ちになった男,ジミーっす。

勇気を出して続きを読む

今年になってこれで二人目。

  • 2007/10/17(水) 12:15:00

ユゥアッ・ショォォック!!

オレノコドウ ハヤクナッルゥ〜!

こんにちは,
今日の仕事中の脳内テーマソングがケンシロウな男,ジミーっす。

今週の月曜日にちょびっとイイ事があったんで,気分は悪くないぞ。
(大したことじゃナイけどね。)

サラリーマンを10年以上(しかも同じ会社で)続けていると,いろんなことがあるわなぁ。
仕事がシンドイときもあるし,人間関係はイヤになったりもするし。
でもオレの中で一番ツライなぁって思うのは,
一緒に働いてきた仲間(しかも気の合うヤツ)が会社を辞めるとき。

そうやねん。
オレの部下でもあり釣り仲間でもあるW君が10月いっぱいで辞めることになったんよ。
どんな理由で辞めるのかはここでは一切書かないけど,
次の就職先はキッチリ決まってるから安心や。
やるな,W君。ただのアゴ男ではなかったんやな。
彼はもともと東海地方の人間で,新しい勤め先もそっちの方みたい。

11月からオレとは『友人』という関係になるんやなぁ。
まぁ,琵琶湖の東側へ移動するだけやから,また琵琶湖で会えるしな。

ということで,W君お別れ釣り大会を21日に開催予定。
といっても,日曜日なのでオレは早めに切り上げちゃうけど。
今回はみんなに合わせて久々に立ち込みスタイルや。
さて,どこへ行こうかな。オレには今どこで釣れるのかさっぱりワカラン。 


・・・

11月になったらオレの携帯の電話帳も,
『会社』→『友人』
のグループ分けの移動をせなアカンなぁ・・・。

久しぶりに一緒に釣りしたいなぁ。

  • 2007/10/16(火) 23:29:01

釣り仲間のH君に若いピチピチの彼女ができたこことは記憶に新しいが,
そのH君が今度の21日(日)に琵琶湖へ行こうと誘ってきた。

いやだから,以前にも言ってる通り,日曜日は家族サービスの日なの。
でも,長いことH君と釣りに行ってないので行きたいな〜とも思っててん。

そこへH君が仕事中のオレに再度こんなメール(写真つき)を送ってきた。

「ジミーさん,僕のハニーちゃんッス。カワイイでしょ♪」 





・・・

エエ度胸してるやんけ。

オレ様に自分の彼女の写真を送りつけるとは。 


それじゃあ,せっかく送ってもらったし,






ハイッ!H君のハニーちゃんを

大公開〜!!
 









勇気を出して続きを読む

オレにいつ紹介してくれる?

  • 2007/09/12(水) 23:04:42

昨夜,元会社の同僚で現在釣り仲間のH君と電話でしゃべってたら,

「ジミーさん,実はとうとう彼女が出来ました。うひひっ!」

と,言い出しやがった。

おぉ!

彼女イナイ歴が天文学的な数字だったH君に

とうとう彼女が出来たか!!



で,「彼女いくつ?」

って聞いてみると,

「2★才っす!」(20代前半)














 (;゜ロ゜)エェ??





 な,なんですとぉ〜!


H君,アンタ今年33才やんけっ!!


それは法に抵触しないのかっ!?



京都府の条例で

 「8才以上の年の差があると交際できない」

とか

 「痩せた30代男性は年下の女性と交際するのに申請手続きが必要である」

とかいうのはなかったか!?


こんばんは,
H君の恋の行く末を冷静に客観視できそうにない男,ジミーっす。




最近はなんとなく秋の気配がしてきて,夏の終わりって感じがしてきたなぁ。
朝も涼しくなってきたし。

オフコースも昔こんな歌を歌ってたぞ。

よし,H君にこの歌を捧げよう。

『夏の終わり』



夏は冬にあこがれて 冬は夏に帰りたい
あの頃のこと今では素敵に見える
  (中略)
でもあなたが私を愛したように
誰かをあなたが愛しているとしたら
ああ 時はさらさら流れているよ



・・・ん,何か違うか??
まぁとりあえず末永く付き合ってくれたまえ。
(あと『秋の気配』とかいうのもあるよ,別れの歌やけど・・・)

H君をおちょくるのはこのぐらいで勘弁しといたろ。

H君,よかったな!